キャンペーン期間中のクレジットカードはなぜ審査に通りやすいのか?

よくネットのサイトなどで「審査の甘いクレジットカード」などというタイトルのついた記事を見ますが、実際には審査の甘いクレジットカードなどありません。

なぜならそんなことをしていては回収困難になるのは目に見えていますから、損失ばかり増えて会社経営は成立たなくなってしまいます。

では「甘い審査」などと謳った記事はウソを書いているのでしょうか。

これに対してはオーバーに書いてはいますが、事実無根と言うこともできません。

それは新規に発行されたクレジットカードは、無理をしてでも会員を獲得しようとして、本来では審査に通らないような人でもキャンペーン期間に限って審査を通してしまうことがあるからです。

もちろんこうした場合は貸倒れの危険を承知の上で、リスクを獲得会員の数でカバーしようと、とにかく獲得会員の数だけを重視するのです。

甘い審査と言うのは、こうした新らしくできたカード会社によるクレジットカードの会員集めの一面だけを強調して、センセーショナルに紹介しているのです。

クレジットカード会社が無理をして会員獲得を目指す理由は?

厳しいクレジットカード業界で新規に参入した会社が会員獲得のためのキャンペーンを張る事情はよく分かります。

でもなぜ貸し倒れを覚悟してまで会員を獲得しようとするのでしょうか。

このような場合は会社側は会員獲得を優先するため、貸し倒れなどの損失を埋めるための最初から予算を計上して臨んでいる場合もあるようです。

また対外的には公にされてはいませんが、キャンペーン以外でもカード会社の社員がノルマを果たすために、あえて審査のハードルを低くする場合もあるようです。

一方こうしたこととは違って、申込者の心理的な要素を考え合わせたうえで審査に柔軟に対応することがあるそうです。

それはこういうことです。

信用情報に何度もクレジットカードの申し込みの記録が残っているような人は、断られた回数が多いだけに、一度審査に通れば、そのカードを大事に使おうと思うのではないでしょうか。

審査側をそうした申込者の心理を想定した上であえて甘い審査で臨むこともあるのだそうです。