なぜ審査に落ちたのか?その理由を知るための方法は?

クレジットカードを申し込んだが、審査で落ちてしまった場合、誰でもその理由が知りたくなるのは当然のことではないでしょうか。

差し当たってその理由に心当たりがなければなおさらでしょう。

クレジットカードの審査に落ちる原因はたくさんありますが、なんと言っても最大の原因は延滞などの事故歴です。

利用者は案外気づいていないかもしれませんが、過去において業者が定めた一定期間以上の延滞や、複数回に及ぶ遅延などは事故情報として信用情報機関へ送られることがあります。

また案外知られていないのですが、複数社へのクレジットカードの申込をして断られた場合です。

こうしたことはすべてその記録が残されます。

なぜなら複数社へクレジットカードを申し込まなければならないほど、財政的に逼迫していると思われるからです。

したがって”数打ちゃ当たる”方式で違う会社に次々と申し込むのは信用を傷つけるだけの危険な行為なのです。

なぜならそうしたことも延滞などの事故情報と同じように扱われるからです。

審査に落ちた理由が分からないときは自分の個人信用情報を確認すれば原因が分かる。

クレジットカードを申し込んだが審査で落ちてしまった。

でもいくら考えてもその理由が思い当たらない。

こんなふうに思っている人は多いと思います。

でもそれも当然かもしれません。と申しますのは、審査の基準はいつも同じではなく、世の中の変化に伴って変わっていきます。

でも利用者はにその変化に気づいていないことが多いからです。

別項でも書きましたが、例えば近年では奨学金の延滞ですら、事故情報として信用情報センターへ送られるのです。

こうしたことは以前にはなかったことです。

でも今ではこうしたことまで事故情報に載ってしまうのです。

こうしたこともありますから、自分でいくら考えても審査に落ちた理由が分からない場合は、信用情報開示制度を利用して自らが調べてみればいいのです。

費用は若干(1000円以内)かかりますが、今はどの信用情報も個人から請求があれば情報を開示してくれます。

方法は情報機関に出向く以外に、郵送を依頼することも可能です。

またCICという情報機関では時間が限られていますがインターネットを通しての閲覧も可能になっています。

開示できる信用情報機関は次の3つです。

もし、クレジットカードの審査落ちで悩んでいるなら、一度自分のクレジットヒストリーを確認してみましょう。

忘れていた過去の延滞記録や思ってた以上の借金が見つかり、審査落ちの原因が見つかる事があります。