クレジットカード審査ではこんなことが調べられる

ネットや郵送などでクレジットカード会社に申込をすると、申込書に記入された個人情報をもとに審査が行われます

この審査に通って初めてカードが発行されるのです。

ではその審査ではいったいどのようなことが調べられるのでしょうか。

つまり何を基準として審査が行われるのでしょうか。

多くのクレジットカード会社が審査で最初に重視するのは次の3点です。

この3点を確認した上で、次にやることはスコアリングによる申込者のランク付けです。

スコアリングというのは申込書の内容から申込者の信用度を点数化することを言います。

そのスコアの合計点で合否を判断するのです。

点数化する項目は年齢、勤続年数、職種、勤務先の規模,年収、居住年数、住居形態、家族構成などです。

このうち特に重視されるのは年齢と勤務先の状況です。

個人信用情報センターを利用して自分の経済状態を知ろう!

上の審査が終わりますと次は個人信用情報センターで申込人の経済状態を調査します。

これは申込書による個人の申告だけでは過去の借入や返済状況が掴めないからです。

そのために利用されるのが個人信用情報機関なのです。

こうした機関は現在では「全国銀行個人信用情報センター」、「CIC」、「日本信用情報機構」の3つがあります。

これらの機関には全国各地の銀行やクレジットカード会社、それに消費者金融会社などから、利用者の履歴が集められ保管され、常に最新の状態に更新されています。

したがってどんな借入や延滞であっても分からないことは何一つありませんから、この調査で他社からの大きな借入あったり、また延滞履歴などが発覚すると、クレジットカード審査では大きなマイナスになるのです。

また他社への度重なるクレジットカードの申し込みにも気をつけなければなりません。

なぜならどのカード会社へクレジットカードの申し込みをすると、会社側は必ずセンターに照会のための連絡をしますから、その時の記録が6ヶ月間残るのです。

この記録の件数が多ければ審査では大きなマイナスになるのです。