クレジットカードを持っていないと今どきは不審に思われる

一部には”クレジットカードなんかなくても困らない”という人たちがいることは確かです。

でもそれは一昔前のことで、インターネットが普及してきた今ではそう言い切ることは難しいのではないでしょうか。

何故なら、今ではネットショッピングや、ネット上の有料サービスを利用するときには、その料金の支払はほとんどクレジットカード決済になっているからです。

それだけではありません。

今は海外旅行全盛時代ですが、海外では何かと身分証明書の提示が求められます

もちろんパスポートを持参していればいいのですが、それがないときに変わりになるのがクレジットカードなのです。

海外では運転免許証はIDとしての役目を果たさず、それに変わってクレジットカードが重視されるのです。

このように現代人にとってクレジットカードは今や生活上の必需品と言ってもいいのです。

そんな重要な位置づけのクレジットカードを持っていない人がいるとしたら、一般的に世間の人はどう思うでしょうか。

つまり便利この上なく、現代生活には欠かせないものを持っていないということは、それを持てない何か大きな理由があるのでは、と考えるのではないでしょうか。

それがかえって信用不信につながり審査に落ちやすくなるのです。

ブラックだけでなくホワイトでも信用がない場合もある

ホワイトとはブラックに対する用語で、延滞事故歴が何もない状態のことを差します。

もちろん延滞事故歴は無いに越したことはありません。

でもそれは日常的にクレジットを利用している人を対象にした場合です。

こうした人に延滞事故が無ければ高く評価されます。

それに対して同じホワイトでも、これまでにクレジットカードをはじめ、ローンなどのクレジットをまったく利用していない人は延滞事故がないのは当然です。

でもこの場合は必ずしも良い評価を受けるとは限りません。

例えばこうした人が新規にクレジットカードの申込をしたとき、信用情報機関のデータが真っ白であれば、そのこと自体が不自然と見なされるのです。

それも年齢が高ければなおさらです。

先ほども触れましたように今の世の中はクレジット社会と呼ばれているように、生活上クレジットカードはなくてはならないものの一つです。

インターネットが普及してからはなおさらその必要性は大きくなっています。

それなのにそれを持ったことがないのは不自然であり、それが不審感につながるのです。

つまり、それだけ必要性の高いものを持たないのは、クレジットで過去に何か大きな失敗をしたことがあるからではないだろうか、という疑念をもたれるのです。

記録欄が空白のホワイトが審査で必ずしも有利にならず、場合によっては審査に落とされることがあるのは、こうした理由があるからです。

消費者金融からの借金(キャッシング)は「信用」という点ではあまり良くありませんが、適度なローンや分割払いの利用や定期的なクレジットカードの利用をし、確実に返済するというのが一番自分の信用力を高める事ができるのです。