クレジットカードの審査に総量規制は影響するのか?

総量規制という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは2006年に制定され、2010年から完全施行されるようになった貸金業法で決められいる規定のことです。

この規定は、銀行を除く消費者金融などの貸金業者は「個人に対して総額で年収の3分の1以上を貸し付けてはならない」というものです。

法律が完全施行されてまだ3年少ししかたっていませんので、まだ周知にいたってはおらず、知らない人も少なくないと思われます。

したがって消費者金融の借入合計が年収の3分の1以上あっても、新規にクレジットカードの申し込みをする人がいるのではないでしょうか。

でもこれだと申し込みは受け付けてもらえません。

具体的に言いますと、例えば年収450万円の人が、すでに消費者金融に150万円以上の借入があれば総量規制にかかって、新たな借入はできないのです。

この場合クレジットカードの申し込みのも新規の借入と見なされるのです。

では、全てのクレジットカードが総量規制の対象になるのでしょうか?それを説明します。

総量規制の対象にならない銀行系のクレジットカードは?

ではこの総量規制の対象外になる銀行が発行しているクレジットカードはどうなのでしょうか。

銀行には年収の3分の1までしか借入ができないという「総量規制」は適用されないのですから、クレジットカードの申し込みもできるのではないでしょうか。

確かに銀行には総量規制は適用されません。

したがって申し込みができないわけではなく、総量規制を盾にして申し込みが却下されることもないでしょう。

しかし例えそうであっても、カード発行までには至らないのではないでしょうか。

それは他の理由でマイナス材料があるからです。

では他の理由とはいったい何なのでしょうか。

それは一言で言えば返済比率に問題があるからです。

返済比率とは、借金返済額の年収に対する割合のことを言います。

つまりこの率が高ければ高いほど返済が困難になると言われているのです。

したがって年収が450万の人が150万円の借入を抱えているのは返済比率が高く、それ以上の貸し出しをすると返済が困難と見なされるのです。

自分の借金がどれくらいあるのか?年収がどれくらいなのか?一度調べてみて下さい。

もしかすると総量規制に引っかかって審査落ちしているかもしれません。その場合には、とにかく借入金を減らすしかありません