ブラックリスト対策を怠ってはいないか?

よく耳にするブラックリストという言葉ですが、「自分には関係ないこと」と真剣に捉えていない人は案外多いのではないでしょうか。

つまりクレジットカードの支払いや消費者金融などで延滞などしていないから、と言うのが「自分には関係ない」と言う理由なのでしょう。

でもブラックリストに対する対策はそれだけで万全なのでしょうか。

そのほかに何か落とし穴が潜んでいることはないでしょうか。

まさかこんなことがブラックリストに載る原因になるとは考えも及ばなかったというようなことが実はあるのです。

それは学生時代に利用した奨学金の返済です。

もちろん社会人になって予定通り返済を続けていれば何の問題もありません。

でも督促が緩いことをいいことにして、いつまでも支払いを滞らせていれば大変なことになるのです。

最悪の場合、携帯電話の契約できなかったり携帯電話を分割払いで買う事ができなかったりします。

これだとても大事な事なので奨学金の延滞についてさらに詳しく説明します。

奨学金の延滞はブラックリストに載る可能性がある!

おそらく多くの人はブラックリストと奨学金の支払い遅延を結びつけて考えることはなかったではないでしょうか。

なぜなら奨学金は日本学生支援機構による教育資金援助が目的のものですから、商業行為とは考えていないからなのです。

つまりビジネス社会には無縁のことと捉えられていたのです。

確かに一昔前はそうであったのに違いありません。

しかし、それをいいことに返済義務があるにもかかわらず、それを怠って支払いを放置する人がどんどん増えてきているのです。

いかにビジネスではないとはいえ、こうした状態を放置していれば、日本学生支援機構の存続さえ危うくなり、奨学金制度の維持が難しくなると判断したのです。

その結果、強い態度で回収に臨むため、日本学生支援機構は平成20年に信用情報機関に加盟登録を行ったのです。

ここに登録した以上、たとえ奨学金返済とは言え、悪質と思われるものは延滞事故と捉えれれ、ブラックリストに載せられる可能性があるのです。

とは言え、消費者金融の延滞などとは基準が緩く、3ヶ月以上延滞を続けたものだけが事故情報として登録されることになっています。

どうですか?皆さんにとって、これは盲点になっていなかったですか?

もし、心当たりもないのにクレジットカードの審査に落とされてしまったという人は、奨学金の延滞を疑ってみて下さい。