どういった場合にブラックリストに名前が載せられるのか?

クレジット利用者にとってブラックリストは怖いものです。

なぜならこれに載ると経済的信用がなくなり、その後クレジットがまったく利用できなくなるからです。

クレジットが利用できなくなると言うことは現代社会では極めて不便なことです。

特にインターネットのショッピングにはほとんどクレジット決済が使われていますから、これが利用できなくなるとネット社会では大きな痛手になります。

それだけではありません。

あらゆる分野であらたなローンが組めなくなるのですから、経済生活は窮屈きわまりなくなるに違いありません。

したがってどんなことがあってもブラックリストに載ることだけは避けたいものです。

ではブラックリストに掲載されるのはどんな場合なのでしょうか?

借入の延滞が大きな原因だとは聞きますが、それはどの程度の延滞なのでしょうか。

おそらく多くの人がそのことについて知りたいと思っているはずですので説明します。

返済期日に遅れる延滞は絶対にしない事!

ブラックリストに載せられたら大きなペナルティを払わなければなりません。それだけに、余程のことがない限りこれに名前が載せられることはありません。

ではいったいどのようなケースにブラックリストに名前が載せられるのでしょうか。

【ブラックリストに名前が掲載される一般的なケース】

これまで言われている一般的なケースには次のようなものがあります。

これらのほかに近年では「奨学金の返済を3ヶ月以上滞らせた場合」と言う新しい条件が付け加えられています。

これは平成20年に奨学金の母体である「日本学生支援機構」が延滞金の回収を強化するために「信用情報機関」に延滞事故情報を登録するようになったからです。

これについては最近のことだけに、まだ周知が不十分だと思われるだけに、今後はこれが原因でブラックリストに載る人が増えてくるのではないでしょうか。

奨学金は未成年の学生時代に借りている事が多く、自分ではなく両親が代わりに借りている事が普通です。

したがって、自分が知らないところで、奨学金の返済が延滞されていて、それが原因でブラックリストに掲載されているという事があるのです。

自分の知らないところで個人信用情報が傷ついている可能性があるので要注意です。

奨学金の延滞については、奨学金返済の遅れ・延滞には要注意で詳しく解説していますのでご覧下さい。