どうしたらブラックリストの名前を消すことができるのか?

一般的に考えて、クレジットカードのキャッシングやカードローンでの借入を度々利用する人が経済的に余裕がある人だとは考えにくいと思います。

したがって、そういう人はどちらかと言えば経済的に余裕がない人だと言って間違いないでしょう。

そうした人にとって、ブラックリストとはいったいどんな意味をもつのでしょうか。

そうした人がある日突然ブラックリストに名前が載せられると、いったいどういうことになるのでしょうか。

ブラックリストに載るということは、名前が載ったその時点で経済的なすべての信用を失うということなのです。

その結果当然のこととして、世の中のあらゆる信用取引ができなくなるのです。

クレジットカードの利用をはじめ、あらゆるローンや割賦販売などがすべて利用できなくなるのです。

余裕がないから、これまでクレジットカードのキャッシングやその他のカードローンを利用し続けてきた人にとって、突然これらの利用がすべて止められると言うことはいったいどういう意味を持つのでしょうか。

おそらく「死を宣告された」ことと同じような意味を持つのではないでしょうか。したがって何とかそれから逃れたいと考えるでしょう。

でも一度ブラックリストに載ったものを消すことができるのでしょうか。

一度ブラックリストに載ると一定期間消えることは絶対に無い。

突然ブラックリストに載せられ、世の中のあらゆる借入ができなくなると、それに頼り切っていた人としては困ることこの上ありません。

したがって何とか名前を消して再びクレジットが利用できるように望むのは当然です。

しかし、はっきり言ってそのような方法はありません。

時々「ブラックリストからあなたの名前を消します。」と言って宣伝している業者がありますが、人の弱みにつけこんだ詐欺会社なので騙されないようにして下さい。

できることと言えば、期間がたって時効が来るのを待つのみです。

ではブラックリストから名前が消える時効とはどれぐらいの期間なのでしょうか。

借入の対象によって違いますが、その期間は次のようになっています。

【ブラックリストの時効】

こうした実状から考えると、いったんブラックリストに載ると、最短でも5年間は記録が消えず、クレジットが利用できないことなります。