過払い金返還請求をするとブラックリストに載ると噂されているが本当か?

奨学金の延滞がブラックリストに載る原因になることについては奨学金返済の遅れ・延滞には要注意で書きました。

では巷で噂されている過払い金請求やクレジットカードの解約などはどうなのでしょうか。

まず過払い金請求ですが、はっきり言ってこれは業者にとっては迷惑なことに違いありません。

いったん承諾して借りたお金の利息を、後になって返せと言うのですから、これに応じたら業者には大きな損失です。

それに契約違反として捉えられ、事故扱いにされるような気もします。

でも過払い金請求は、利息制限法に基づく法律に則った正当な行為です。

したがっていかに消費者金融業者だとは言え、この請求を理由にしてでブラックリストに載せるようなことはできません。

それ故に弁護士なども返還に向けて利用者を積極的に応援しているのです。

またもう一つのクレジットカードの解約ですが、確かに解約すると、情報としては信用情報機関に送られ記録は残ります。

ただ普通の解約である限り、この記録が後々のローンなどに悪影響を及ぼすことはありません。

でも気をつけたいのは、度重なる沢山のカードの解約です。

こういう場合は自然でなく、何か意図的になされたものとして、マイナス情報として捉えられる可能性がありますから、その後のクレジット利用に何らかの影響を及ぼすことは考えられます。

ブラックカードに掲載される理由についての噂の真実

クレジット社会に生きるものとして、信用は極めて大事です。

これがあるからこそ便利なネットショッピングでクレジットカードによる決済ができたり、気軽にカードローンを利用してキャッシングができたりするのです。

それ故に信用がなくなり、これが利用できなくなると大変です。

その信用を一気に奪うものがブラックリストに名前が載ることではないでしょうか。

したがってクレジット社会に生きるものとしては、ブラックリストは恐ろしいものです。

ですから間違ってもこのリストに自分の名前が掲載されることがないように、常日頃から対策を講じて注意を払っているに違いありません。

でもそんな人たちに果たして盲点はないでしょうか。

大方の人はクレジットカードの支払いとか、カードローンの借入に対して延滞しないように気をつけていると思います。

でもそれだけではたして対策は万全でしょうか。

例えば、奨学金の返済には延滞がないか。

クレジットカードを度々解約したことはないか、あるいは過払い金請求をしたことはないか、等など、こんなところにまで気を配ったブラックリストがなされたでしょうか。