クレジットカード審査に落ちる原因は必ず分かります。

クレジットカードの審査に申し込んだけど、審査に落ちてしまって落ちこんでいるあなた。

このホームページに来たのは超ラッキーですよ。

審査に落ちた理由が分からなくて、さぞ困っているだろうと思います。

でも、安心して下さい。このホームページを見れば必ずクレジットカード審査に落ちた理由・原因を必ず突き止める事ができます

残念ながらクレジットカード会社に審査に通らなかった理由を問い合わせても絶対に正確な理由は教えてくれません。

しかし、原因なくして結果はありません。クレジットカードの審査に落ちたという事はあなたに必ず何か原因があるのです。

その原因を突き止める事ができれば、そしてその原因を少しずつ改善すれば、必ずクレジットカードの審査に通り、クレカを持つことができます。

では、どうすれば自分が審査に落ちた理由を知る事ができるのでしょうか?それはどのように審査が行われているのか、クレジットカード審査の仕組みを知れば分かります

それをこれから説明しますので、最後まで必ず読んで下さいね。

個人信用情報機関で自分のクレジットヒストリーを調べる!

クレジットカードの審査に落ちる理由が様々なものがあるのですが、詳しい事は右メニューの個別ページで説明するとして、一番大きな理由は過去のクレジットヒストリーに問題がある事です。

クレジットカードの申込をした場合、各クレジットカード会社は必ず個人信用情報機関というクレジットヒストリーのデータを管理している第三者機関に照会を行います。

個人信用情報期間というのは、私たちのローンや分割払いの状況や消費者金融の借入状況、住宅ローンの借入や返済の状況などのデータを管理している期間です。

例えば日本ではCIC、JICC、JBAなどがあります。

その個人情報信用機関の持っている過去のデータで、借入金の返済に延滞があったり、借入金額が総量規制の枠を超えるよう大きな金額になっている場合には、クレカの審査で落とされてしまいます。

個人信用情報機関が持っている自分のデータをクレジットヒストリーというのですが、そのクレジットヒストリーを見れば、自分の信用力がどれくらいなのかというのが一目瞭然で分かります。

クレジットヒストリーは1,000円くらいかかりますが開示請求できますので、それを確認すると多くの場合、クレジットカードの審査に落とされた理由が分かります。

このようにクレジットカードの審査で落とされる原因を1つずつ確実に潰していけば審査には通るようになるので安心して下さい。

それでは、あなたがクレジットカードの審査に無事に通ってクレカを持てるようになるように、原因を私と一緒に1ずつ探って行く事にしましょう。

具体的な解決策まで教えますので、ぜひ楽しんで最後までご覧下さい。

P.S.

弁護士や医師などの専門職の資格を持っている人は、一般的に信用力が高くクレジットカードの審査に通りやすいです。また、公務員や大企業の正社員なども安定しいてるので審査に通りやすいです。

反対に、独立開業したばかりの人やフリーター、アルバイト、無職などの人は審査に通りにくくなっています。